またね♪大好きな場所。

やっぱりあっという間だったね、もう帰る日だよ。
チェックアウトして飛行機の時間までまずは石垣島ラー油のリベンジ。
9時半、いっぱい並んでる。
最後尾に付こうとしたら「すみません、もう今日の分はここまでなんです」・・・
えぇぇ~購入失敗。はぁぁぁすごいねえ石ラー。
じゃ、さよ子の店のサーターアンダギー買おうか、と行くと定休日。
ガーン、たきどぅんに続き、今回サーターアンダギーは食べられませんでした。

まだ2時間弱時間があるので川平までドライブ。
b0034820_1385682.jpg

b0034820_139407.jpg

しかし思ったより時間がかかってしまい、写真撮ってすぐに退散、戻らなきゃ~。

梅雨の石垣島、振り返れば初日に数時間降られただけ。
今回もワタクシ晴れ女の勝利としてよいかしら♪
帰りにはもう来年の話が出る。
「今度はどこで泳ごうか?バラス島よかったからまた行きたいよね」
まどよぎにさん、今回もお世話になりました。
楽しい旅ができました。三度目、また訪れたいです。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-07-10 13:18 | 沖縄旅行2010

フサキリゾート~リゾートホテルは大賑わい!~

竹富島からお昼過ぎに戻り、石垣市公設市場でおみやげ物色。
リクエストに応えて紅いもタルト、石垣の塩ちんすこうなどを購入。
そして最終日のホテルに移動。
ツアーに付いているホテルから選んだのはフサキリゾート。
夕日がきれいだと聞いて選んだホテル。
そして初・コテージ。いいねぇコテージ。
b0034820_1256818.jpg

自分のおうち気分♪でも雨降ったらどうするんだ?大変だよね。
この日フサキリゾートでは有名グループが出演する音楽イベントがある。
b0034820_12524551.jpg

うちが予約した時にはそんなイベントなどなにも知らなかったのだが、
数ヶ月前にネットで知り、不安になった。
せっかく静かに石垣島最後の夜を過ごそうと思ってるのに、イベントでうるさいのは嫌だ。
それにプライベートビーチがあるのに立ち入り制限があったらつまらない。
そこで事前に電話で問い合わせた。
イベントが発表になる前に予約を入れました。
イベントがあることによってプライベートビーチが使えなかったり
サンセットテラスでの夕日が楽しめなかったりすることはあるんですか?と。
「一部ビーチでのイベントになりますので、その場所は入れませんが
プライベートビーチはお楽しみいただけます。
サンセットテラスもご利用になれますのでご安心ください」という返答だった。
が、しかし。
チェックインの時の説明で立ち入り禁止区域にサンセットテラスが入っていた。
事前に聞いたら大丈夫だって言ったじゃないですか。
がっかりだわ~とフロントさんに愚痴る。
実際宿泊客とイベント参加者の住み分けがあいまいで、かなりユルイ。
リストバンドが入場証なのでそれをしていない宿泊客はイベント会場に入れない。
しかし、イベント参加者は本来立ち入れない場所にスタッフの目をかいくぐって出没する。
とても暑い日だったのでコテージの軒下で休む若者、
ロビーのソファーで昼寝する女の子、
ロビーに3台ある共用PC(部屋にはネット環境がなかった)を独占する高校生グループ・・・。
私たちだってここに泊るの楽しみにしてたのにかなり悲しい。
ホテル内散策中にスタッフに呼び止められた。
「A様、先ほどお話しした件ですが、
宿泊のお客様もサンセットテラスにお入りいただけるようにいたしました。
どうぞいらしてください。」
私が愚痴ったから?ま、言ってみて良かった良かった。
b0034820_12573724.jpg

プライベートビーチはイベントやってる所はかなりごちゃごちゃうるさい。
でも海辺はやはりいい。
b0034820_12582372.jpg

b0034820_12595738.jpg

夕方にはちょっと雲が出たものの夕日が見られてよかった。
b0034820_12591766.jpg

今度機会があったら本当に静かなこのホテルに泊まってみたい。
イベントの時はもうこりごり。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-07-10 13:04 | 沖縄旅行2010

竹富島~流れる時の中で~

私の技術的問題で更新が大幅に遅れてしまいましたが、まだ旅行記です(笑)
早朝ヨガのあと、もう一度行きたい場所・竹富島に行くことにした。
石垣島から高速船で10分(この日の船は超揺れてプチ・バイキングのようだった)竹富島に到着。
レンタサイクルの送迎バスに乗り込み、集落へ。
b0034820_12312559.jpg

自転車を借りて散策へ出発。もらった集落の地図を見て、
去年行かなかったところに行こう。
おっと、その前に。たきどぅんでサーターアンダキーを買わなくちゃ。
ここの、美味しかったよね~。
去年は食べなかったけどアイスキャンディーも自家製で
おいしいってガイドブックにかいてあったよ~
今年は食べようね~なんて言いながらお店に到着・・・しばらくお休みします、って・・・。
がっかり。
気を取り直して、まず西桟橋を目指す。
b0034820_1232222.jpg

b0034820_12331045.jpg

今はほとんど使われていないようだが、かつて西表島への船や漁業の玄関口だったようだ。
動画、音を消してないので風の音が少々うるさいです、すみません。

他にも去年行ってないところを回ってみたが、
もらった地図がとてもアバウトなのか、道がアバウトなのか、
行けども行けどもたどり着けない迷宮のよう?はっきりした目標物がないのも迷う要因。
急ぐ必要もないので迷い迷い集落を回った。
b0034820_12373244.jpg

ここの風景は去年と同じようにゆったりしている。時間もゆったりと感じる。
すべて去年ここを訪れた時のまま・・・ではなかった。

今、竹富島ではリゾート開発の手が入ろうとしている。
港から集落に向かう車の中から見た風景には「リゾート開発反対!」などと書かれたいくつもの看板を目にした。
竹富島の集落は重要伝説的建造物群保存地区に指定されていて
島では、昔ながらの街並や文化を保存しようとする意識が非常に高い。その例として
•新しく家を建てる場合は必ず許可を得てから、平屋の赤瓦の家(カーラヤー)を建てなければならない。ただし、赤瓦を葺く場合は補助金が支給される。
•窓ガラス等は見えにくいようにすだれなどで隠す。
•建物の外に看板などを露出させることは原則禁止。
•大規模リゾート開発を目的とした土地買収には応じない。
•珊瑚を砕いた白砂の道は、住民の毎朝の掃除によって美しい状態に維持されている。また白砂はアスファルトと違い、雨や台風が来るたびに、少しずつ海に流れていってしまう。そのため、住民は砂浜で白砂を集めてきて、定期的に道を補修している。
などが挙げられる。これらの島民たちの努力の成果により、沖縄の原風景とも言える赤瓦屋根の集落が現在でも残っており、それがそのまま観光資源として生かされている。
b0034820_123847100.jpg

そんな島にリゾートホテルが出来る。それが良いことなのか悪いことなのか。きちんとその内容を知らない私が意見を言うのはどうかとも思うが・・・しかも私は訪れる側だし。
でも島の方々が守ってきたこの美しい景観はずっとここにあってほしいし、今以上の人が集落を練り歩くとどこかのテーマパークのようになってしまうのでは・・・と心配になる。
10分間船に乗って訪れる静かな空間、そんな竹富島が私は好きです。
b0034820_124258.jpg


今回私は竹富島の集落の屋根に乗るシーサーをいっぱい撮ってきた。これをスライドショーにして「シーサーコレクション」を作りたかった。・・・これが冒頭に書いた技術的問題です。
Sちゃん頼みになったので、公開までまだ時間がかかりそう・・・。乞うご期待??
b0034820_12425934.jpg

[PR]

# by siesta_cat | 2010-07-10 12:46 | 沖縄旅行2010

・・・ティナとのお別れ・・・

お隣、Sちゃんの実家の愛犬・ティナが天に召された。
18年、家族に愛され、ご近所からも愛され、優しい可愛い可愛い子だった。
ティナの姿は穏やかで、静かに眠っているようだ。
大好きなおじいちゃんが10月に亡くなって追いかけるように逝ってしまった。

ここ最近、目も耳も悪くなって、足腰も弱っていた。
近づいて声かけても解らなくなり
手を差し出すと一瞬はっとしてからペロペロしてくれる。嗅覚はしっかりしていた。

ティナ、ティナ・・・かわいいティナ。
ありがとうね。

b0034820_17571228.jpg

[PR]

# by siesta_cat | 2010-07-01 17:57 | 日常

早朝ヨガ。

Sちゃんの石垣島でのお楽しみのひとつはまどよぎにさんとヨガをすること。
石垣島に移り住んでちょうど1年、ご自分のヨガ教室も開催してお忙しいでしょうが
お願いしてまた今年も早朝ヨガにお付き合いいただいた。
(もしも石垣島滞在中雨だったらSちゃんはまどよぎにさんのヨガ教室に出るんだ!と言っていたんだよ)
私はまた今回も写真係。7時頃てくてくと出掛けて行って写真&ムービー撮影。
b0034820_13564931.jpg

b0034820_13575468.jpg

今回早朝ヨガにはもうひとり男性が一緒だった。
アシュタンガヨガが好きと仰るだけあって、とてもお上手。
b0034820_13594977.jpg

b0034820_1404670.jpg

この1年、仕事が忙しかったり体調が悪い時期があったりして
思うようにヨガができていなかったSちゃん。
まどよぎにさんと1年ぶりに一緒にヨガをして、やっぱり楽しい、って感じたそうです。




Sちゃんはますますヨガが好きになり、もっともっとガンバロウって言ってます。
まどよぎにさん、ありがとうございました。

b0034820_14113547.jpg

[PR]

# by siesta_cat | 2010-06-10 14:13 | 沖縄旅行2010

念願の滝ツアー ~ゲータの滝へ~

朝、PACの方にSちゃんが
「実は午後滝ツアーに行こうと思ったけど大潮でダメだった」と話していたら
「あまり宣伝はしてないんですけど、うちでも滝ツアーやってるんですよ。
40分くらい沢を歩いてゲータの滝に行くんですけど、行きますか?」と言われた。
ねえ、どうする?とSちゃん。行きたかった人が決めていいよ。
じゃあ行きます!ということで、午前中は海、お昼を食べて(ソーキそばメチャおいしかった)午後からSちゃん念願の滝ツアーです。
まず大見謝ロードパークで干潟のカニやムツゴロウの仲間などを観察。
道にはこんな標識が!
b0034820_12542349.jpg

イリオモテヤマネコさん、お会いしたいですね、でも飛び出しは困ります。
その標識のすぐ脇を指差し「はいっここが入口です」前日に引き続きまた難解な!
b0034820_12555564.jpg

b0034820_1257611.jpg

こんなところを抜けると綺麗な川が現れる。
b0034820_12575620.jpg

昨日の雨で今日は水量が多い、と言ってもこの程度。
水音が気持ちいい。ここからは沢を登る。
「次は手はここ、ここに足かけて。」と教えてくれるんだけど、私以外は全員男性、
手の長さとコンパスの幅が違うんだってば!景色を見るというより、ずっと足元を睨んでいた。
40分歩いて到着したゲータの滝は、清々しくきもちいい♪
b0034820_12591954.jpg

勧められて滝に打たれたSちゃん。

「よくTVとかで滝行やってるとさ、寒さでガタガタ震えてるじゃない?
それがゼンゼン冷たくなくてすっごく気持ちよかった」そうです。南国には雪解け水ないからね。
私?勧められたけど、ご遠慮申し上げました。(滝壺深そうで戻るのに困りそうなんだもん)
さて、ここまで来たら来た分だけ戻らなくちゃなりません。
沢は下りの方が楽だけど怖い。
足を下ろした場所が思ったより深かったり、水中の石が不安定だったり、
くるぶしやスネをぶつける事数回。
「撮らないでって言ってるでしょ!」と叫びながら沢を下る私。↓
b0034820_1323971.jpg

でもアスファルトの道に戻った時、あのぬかるんだ藪や沢を歩いていた時の方が足腰に響かなかったな、と感じた。日頃アスファルトの上しか歩かないのでこれがあたりまえだったけど。
うちが最初行こうと思っていたのはマリユドウの滝とカンビレーの滝。
比較的歩きやすい遊歩道があるらしい。
遊歩道よりも道のない沢を歩いてたどり着く今回の方がずっとよかった!

帰り道にあったかわいい看板の前で。

b0034820_134983.jpg
後ろは本当は川なんだけど、大潮でここまで川も引いてしまっている。
遠く後ろの滝(矢印)は有名な「ピナイサーラの滝」ここに行くのはかなり大変そうだ。
お店に戻ってシャワーを借り、さっぱり。4時30分の石垣島行きの船に間に合うよう港に送ってもらう。
海と山、両方楽しんじゃった西表島。また来たい場所が増えちゃった。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-05-29 13:08 | 沖縄旅行2010

バラス島 ~白い珊瑚の島~

今回バラス島に連れて行ってもらうのはパラダイスアドベンチャークラブ(PAC)。
午前中のツアーに石垣島から参加する方は8時30分発の上原行き高速船に乗ってください、と言われていた。
早々に朝食を済ませて乗り遅れないように離島ターミナルに向かう。
晴天ではないが、雨じゃなければいいよ、日に焼けないし。
40分高速船に乗り(思ったより揺れずにヨカッタ)西表島・上原港に到着。
港にはPACの方がお迎えが来てくれていた。
お店のシャワールームで着替えていよいよバラス島に出発。
今日のツアーは私達2人です。
b0034820_12311338.jpg

バラスとは珊瑚のかけらのことで、その言葉のとおり真っ白な珊瑚のかけらで出来たバラス島は海にぽつんと浮かぶ。その形状は多少変化してもずっと無くなることなく、そこにあるという。
360度見渡せる海。美しく、そして神秘的。

この小さな島にシーズンには多い日で1日200人の人がやってくるそうだ。
うわぁ~それはすごい。シーズンオフの静かなバラス島に来れてよかった。
まず、バラス島の周りを案内してもらう。
b0034820_12364060.jpg

深いところ、魚たちがいる所、珊瑚が綺麗なところ。いろいろな表情をもった海だ。
b0034820_12375441.jpg

潮のキツイところではなかなか進めず、浮き輪にロープを付けたので引っ張ってもらって進んだ私。うぅぅ泳力つけなくては・・・。
b0034820_12384741.jpg

雲が多かった空も晴れてきて、海もきらきらと美しさを増してくる。
やったぁ~晴れ女の勝ち!あわてて日焼け止めを塗りなおす。
オプションで珊瑚の綺麗なコーラルガーデンにも連れて行ってもらって海を堪能。







あぁぁ~楽しかった♪綺麗だった♪
でも、西表島でのお楽しみはここで終わらない。
午後にも続くのです。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-05-29 12:47 | 沖縄旅行2010

2日目はどこに行こう?~下調べでわかったこと~

どこで何をするか考えた時、やっぱりきれいな海で泳ぎたいというのが一番だった。
前回とは違う場所でどこか良いところを・・・まどよぎにさんからアドバイスをもらいながら、離島でもあまり遠いと移動に時間をとられて遊ぶ時間が減ってしまうし・・・と近場の離島で探した。
そこで目をつけたのが「バラス島」西表島から行かれる超メジャーな島だ。
欲張りな私達はせっかく西表島に行くなら、去年できなかったジャングルクルーズとか他の観光もしたい。
そう考えてバラス島半日シュノーケル(オプションで+コーラルガーデン)を申し込んだ。
午後からはSちゃんが行きたがっていた「滝を見るツアー」に行こう!とはりきって探す。
するとちょうどいいのがあった。案内人はつかないけど、川の上流まで船で行き、そこから2個の滝を見るトレッキングができる。予約はいらないとあるが、詳しいことを聞こうと案内所に連絡してみる。
そこで大きな誤算が。
「大潮のため午後は船が動きません。」 えっ?
それじゃシュノーケルを午後にして滝ツアーを午前中にすると・・・大丈夫かな?
いろいろ調べているといろいろ疑問がでてきた。港からの送迎バスは何時なのか?
バスがなければタクシーで何分くらいかかるのか?帰り港まではどうやって帰るのか?
初めての西表島なので勝手がよくわからない。
電話をかけた観光会社の方はとても丁寧に説明してくれた。
「港から川の船着き場までのバスというのは交通手段を持たない地元の方たちの乗り合いバスでして、バスといってもマイクロバスですので、空いていれば観光客の方も利用できます。ですから途中所々寄って行きますから時間が少々かかります。港の船と川の観光船の時間にだいたい合わせてありますが、そうでない事もあります。タクシーは島に5台しかないので、港に流しのタクシーはいないと思ってください。貸切観光で出払っていると何時間待っても来ません。」・・・この話はちょっと信じ難かった。
「港から観光船乗り場まで距離にしたら大したことないから、タクシー使えば楽勝。午前中に滝観光、午後シュノーケル、ぜんぜんOK♪」なんて考えは甘かった。
観光客が多いといっても交通が便利になっているわけではないのだ。
滝観光と海、どちらかしかできないならやっぱり海がいい。
最初の予定通りにしよう、予約変更しなくてよかった。
前置きが長くなりましたが、2日目は「バラス島シュノーケリング」です。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-05-29 12:23 | 沖縄旅行2010

まだまだ1日目~~1年ぶりの再会~~

一旦ホテルに行き、荷物を預け、島仕様に着替えをして(下には水着も着用よ)
午後の活動開始。
迎えに来てくれたまどよぎにさん(ヨガの先生)とちょうど1年ぶりの再会。
また会えてうれしいです♪
もともと色白だったけど、ちょっと焼けたかな?今回もお世話になります。
まどよぎにさんの案内でCaribCafeでランチ。
大きな窓から海が見えて人気のお店だそうです。
まどよぎにさんはタコライス、Sちゃんは島豚ランチ、私はハヤシライスを注文。
b0034820_15305866.jpg

おいし~い♪Sちゃんのもちょっと味見。あっコレもおいし~い♪
b0034820_15324642.jpg

オナカも満たされて、これからまどよぎにさんお勧めのマル秘スポットへ。
ここってゼッタイ地元の、しかも知る人ぞ知るって所。
道と言えるのか・・・という「ハブっていないよねぇ?」と言いたくなる藪の中を通り、海に出る。
その海は超キレイで魚も珊瑚もいっぱい。
天気は怪しいが海は最高!ご機嫌で入っていった・・・のだが。
ちょうど翌日が大潮にあたり、この日もかなり潮が引いていて、
私達が入ったころ潮が満ち始めていたのだ。
泳げども泳げども満ちる潮に押し戻される。
もっと沖に良いポイントがあると教えてもらってもそこまでたどり着けない・・・。
そのうち雨が落ちてきた。
海に入っていると雨はゼンゼン気にならないが満ちる潮にギブアップ。
1時間・・・泳いだかなぁ?カメラを忘れたのでここの写真は無いんです・・・。残念。
ホントにきれいな海だったのよ・・・。連れてってくれてありがとうございました。
ホテルへの帰り道、ガーデンパナ請福酒造に寄ってもらってお買い物。
その間に雨はどんどん強くなりどしゃ降り状態。
あ~ぁ、せっかく来たのにやっぱり雨かぁ~とがっくりきている私達に
「この雨もそんなに長く降らないと思うのよ。もうすぐ上がるんじゃないかな。」とまどよぎにさん。
こんなどしゃ降りなのに?
ホテルに送ってもらってここでやっとチェックイン。
今回の宿泊も去年と同じホテルパティーナ
ただし前回はラージルームだったが今回は普通のツイン。
やっぱりちょっと狭いね~でも2泊だし、角部屋なので明るいし、十分です。
ホテルに着いてまずはじめにお洗濯。
よく友人に「旅行に行ってまで洗濯したくな~い」と言われるが
毎日海に行こうとすれば仕方ないこと。
今日は雨なので水着以外は乾燥器に入れて乾かさないと。
洗濯が済んで、夕食に出掛ける。今夜は超人気店「やまもと」の焼き肉。
ガイドブックにも載ってるし、まどよぎにさんからも美味しいお店と聞いていた。
「早い時間に行かないと良い肉は売り切れます。
しかも1組1時間半以内に食べないと追い出されます。
強気です。でも美味しいので従います」というまどよぎにさんからの情報。
なにやらすごいお店。
6時に予約を入れてもらって噂のやまもとへGo!
ここのお勧めは焼きしゃぶ。お勧めに従って先ず注文。
七輪の炭火でさっと炙ってたまねぎを巻いてポン酢で食す。うっっっま~い!コレおいしい!
b0034820_1530921.jpg

続いてカルビ・ロースを食べた後「やっぱもう一回アレいきたいよね」と焼きしゃぶ再注文。
私達が食べている間も途切れることなくお客さんがいる。
そして終盤に22人の若いグループがやってきた。この後だったら良い肉は確実に無かったな。
早く行ってよかったぁ~。
おいしい食事で長かった1日が終わる。あ~幸せ♪
食事を終えて外に出ると雨は上がっていた。すごいっ!まどよぎにさん、大当たり。
b0034820_15355391.jpg

夕焼けに明日の天気を祈ります・・・。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-05-25 15:38 | 沖縄旅行2010

ふたたび石垣島へ ~~今年は用意周到よ(笑)~~

去年は長い休みが取れたが、今年は土日を入れた3泊4日。
無駄なく楽しむには事前の情報収集と予定組みなんだろう。
いつものんびりな私達も、今回は空港からレンタカーを借りるよう手配をし、
毎日の計画をきちんと立てていた。(それってホントはあたりまえだよね・・・。)
海で遊ぶ計画が主なので、天気次第ってところは仕方ないとしても、計画はばっちり!だ。

出発前日の夕方にクッキー・まりんを病院に預けて、当日私たちは朝3時起き。
羽田6時25分発の石垣島直行便に乗るために、暗いうちに家を出て
電車のない時間にタクシーで駅へ行き、4時30分発空港行きバスに乗った
早朝だからか?なんだか寒い。
行く先のことを考えるとあまり厚着で行きたくないけど
とにかく寒いので半袖Tシャツの上に長袖を着て、ソックスもハイソックスに変えた。
まだ寒いけど、これ以上は荷物になるし、飛行機に乗ってしまえば毛布もある。我慢我慢。
石垣島到着は9時40分。
着いたその日も十分遊べるので、寒くても、眠くても、文句は言わないっす。
飛行機の窓の外はずっとずーっと雲。これが梅雨前線なのか?
海も島影も何も見えず、雲の中着陸体勢になった。
かなり低空になって雲から抜けると、もうすでに石垣の町の上。
曇り空の石垣島に到着した。
うんうん、雨降ってないよ、上々だよ。
タラップを降りるとそこは湿度90%はあろうかという蒸し暑さ。
うーわぁー南国に来たよ~暑い~~。
たまらず空港のトイレで着ていた長袖を脱ぎ、半袖Tシャツに。
手配してあったレンタカー屋さんの送迎車に乗り、レンタカー屋さんで車を借り、出発!

さぁ予定通りいきましょうね~(笑)
着いて早々だが午前中に頼まれ物の買い物を済ませることに。
石垣島といえば、今話題の「石ラー」こと石垣島ラー油ですよ。
去年も話題になっていて、一人一本づつしか買えなかったけど、
今なんだかすごいことになってるらしい。
10時頃お店の前に車をつけ、私がまず行ってみる。ちょうどお店の人が出てきた。
すみません、ラー油欲しいんですけど、買えますか?
「今日の分は完売です」
えぇっ?何時に来たら買えるんでしょう?
「そうだなぁ~9時・・・9時半・・・9時に来て並んでもらえば買えると思いますよ。
早い人はもっと前から並びますが。」
えぇぇっなんですって?恐るべし!石ラー・・・。
お店の前から車にいるSちゃんにダメだった~と手でバツサインをすると、
周りに停まっていた数台の車がさーっと走り去った。みんな石ラー目当てだったのね。
残念だけど仕方ない。また後日チャレンジできたら・・・ね。
さて次は、町中からちょっと離れた所にある蘭とフルーツの農園へ。
去年蘭が趣味の父に買って送った蘭が好評で、「今年は赤い花がいいなぁ」とリクエストがあった。
まだ時期ではないマンゴーも後日送ってもらい、超おいしくってまた今年も!とやってきた。
ここの農園のおばちゃんが素敵なキャラクターで、おばちゃんにまた会えるのもうれしい。
楽しくて可愛らしくて早口でしゃべるおばちゃん健在♪
b0034820_14594261.jpg

父に送る蘭を選び、マンゴーの予約をして、
おばちゃんとおしゃべりしながらオレンジパパイアをご馳走になる。
「急いでないんでしょ?ほらそこに座って。
これ、おばちゃんがおやつに食べようと思って冷やしといたの。
ゼッタイ甘いよ~食べてきな~」
去年もたしか自分が食べようとして冷やしてたの私達が食べちゃったんだよね?
ごめんね、おばちゃん。
石垣島で食べる初モノはおばちゃんのオレンジパパイア。甘くっておいしい♪
b0034820_14585347.jpg

おばちゃんの農園(農園主は違う人)を後にして、午後にはいよいよ再会が待っています。
[PR]

# by siesta_cat | 2010-05-25 15:07 | 沖縄旅行2010